カイロプラクティックと整体の違い.com » 治療施設の種類

治療施設の種類

頚椎ヘルニアの治療は整形外科病院や脳神経外科、このどちらかにて受けている患者が多いようですがその中でも整形外科に通院しているという方のほうが多いようです。

理由としては骨の異常なので、やはり整形外科を使用する人が多いのでしょう。しかし頚椎ヘルニアの場合は神経系が集中しているということもあり、脳神経外科を選ぶという方もいるようです。

どちらの施設も手術を受けることが可能ですが、多少期間などが異なってくるのでどちらがより自分には合っているか、信憑性はあるかなどを考慮して決めると良いでしょう。

しかし、初診の方は頚椎ヘルニアは何科で診てもらうのが良いのか分からないということが多く、整骨院や接骨院などに通う場合もあります。

ですが整骨院と整形外科病院では制度や療法も全く違うので、頚椎ヘルニアの疑いがありまだ診断が出されていない場合にはMRIなどのしっかりとした検査法を受けることが可能な整形外科や脳神経外科をお勧めします。

まだ確実に頚椎ヘルニアを発症したわけではないがそれらしい症状が見えるので診断を受けたいという方は、総合病院などの初診相談に相談してみて下さい。

初診相談の窓口がない場合には受付に相談し、適切な指示を仰いで下さい。頚椎ヘルニアを完治させる治療を受けるための施設としては、整形外科病院や整骨院などというように、大きく病院、保存療法、民間療法の3つに分けられています。

手術を受けるという場合には病院でしか受けることがほとんどできないので、手術を希望する頚椎ヘルニア患者は自ずと病院となります。

手術費がかかるので頚椎ヘルニアの治療費としては決して安いとは言えませんが、保険が適応されるので自己負担は軽減されます。

民間療法には接骨院や整骨院、カイロプラクティクや鍼灸治療などが分類されますが、これらの医療施設は直接的な治療というよりもどちらかというと、保存療法を使用している頚椎ヘルニア患者がリハビリのため個人的に数回通う、というような利用方法が大半のようです。